日本人と欧米人の足の形の違いについて


日本人と欧米人の足の形の違いについて調べています。
日本人は欧米人と比べて足の横幅が広いということは知っているのですが、
それ以外で具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

また足の形が違うことで「疲れやすい」「前に重心が掛かりやすい」などの不具合などはあるのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/04/16 10:04:58
  • 終了:2013/04/21 13:38:07

ベストアンサー

id:tekutekucherry No.3

tekutekucherry回答回数42ベストアンサー獲得回数42013/04/17 17:34:31

ポイント33pt

足の形はギリシャ型、エジプト型、スクエア型などとよく分類されていますね。欧米に多いのがギリシャ型。
http://www1.bbiq.jp/ssg-hp/t_foot_shape.html
日本人に多いエジプト型は外反母趾になりやすいようです。

その他の回答(2件)

id:jpops No.1

jpops回答回数405ベストアンサー獲得回数252013/04/16 21:54:39

ポイント34pt

日本人の大多数は偏平足です。

http://okwave.jp/qa/q5118603.html

まず、偏平足とはいったいどのような状態を言うのでしょうか? 簡単に言えば、 土踏まずがない人のことですが、 日本人は全体的に土踏まずが低く偏平足気味の人が 多いといわれています。

http://www.randd.co.jp/fcinfo/03fcinfo.html

id:miharaseihyou No.2

miharaseihyou回答回数4505ベストアンサー獲得回数5602013/04/16 23:21:00

ポイント33pt

遺伝的形質による足の形の違いは民族の辿ってきた歴史の違いに依ります。
欧米人の代表格はアングロサクソンでしょうけど、元は騎馬民族です。
従って、農耕には向かない体形で、足が長く重心が高い。
細く長い骨格だから足の幅も細く長い。

日本人だけでなく、東洋の各民族には農耕民族が多い。
田畑を耕し穴を掘り草を抜き地面にしゃがんで仕事するためには腰高だと都合が悪い。
短い足で身体をかがめた重量を支えるために太い骨格です。
だから足先も太くなる。
太くて短い足の方が生存に適していたので特質が強化され続けたのではないかと考えられています。
足の幅は機能からの結果なので、骨格全体を考えるべきでしょう。

http://www.geocities.jp/ikoh12/

id:tekutekucherry No.3

tekutekucherry回答回数42ベストアンサー獲得回数42013/04/17 17:34:31ここでベストアンサー

ポイント33pt

足の形はギリシャ型、エジプト型、スクエア型などとよく分類されていますね。欧米に多いのがギリシャ型。
http://www1.bbiq.jp/ssg-hp/t_foot_shape.html
日本人に多いエジプト型は外反母趾になりやすいようです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません