匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

ウイスキーについて質問です。

モルトウイスキーは香味が強いためラウドスピリッツと呼ばれ、グレーンウイスキーは香味が弱いためサイレントスピリッツと呼ばれているそうですが、何故、香味の強弱が声の大小に例えられるのでしょうか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/05/25 19:17:20
  • 終了:2013/06/01 19:20:04

回答(2件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2013/05/25 22:12:24

こういったコンテンツのニオイの強弱を短くいう方法がないからではないでしょうか。
ニオイが強いか弱いかのストロング・ウィークでいうと、アルコール度数と勘違いされます。
香り高いかどうかでいえば、両方香りはいい香りで、ただ強いか弱いかの違いです。
ですから、声という別の尺度で比喩したものと考えられます。

匿名質問者

ありがとうございます

2013/05/26 01:14:50
匿名回答2号 No.2

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2013/05/26 00:37:49

モルトウイスキーは香味の個性が強いため、「ラウド(声高な)スピリッツ」と呼ばれる

Wikipedia風に言えば[要出典]ですな。
"loud spirit"でググっても用例がヒットしません。
そもそもloudには、うるさいとか騒々しいとかのニュアンスもあるので、モルトウイスキーの表現には相応しくないでしょう。

グレーンウイスキーの方は、"silent spirit"と呼ばれているようです。
その理由として

The by-products can be entirely removed by means of patent stills, leaving an almost pure spirit, known as silent spirit, because its source cannot be traced.

http://chestofbooks.com/health/nutrition/Disease/Spirits.html
連続式蒸留器を使用すると発酵に伴う副産物・不純物も除去されるので、原料を推測する手がかりがなくなるという事のようです。

Blended Scotch, they said, was a “silent spirit,” whereas a pure malt “went down singing hymns.”

http://www.discus.org/heritage/spirits/
は、ブレンドとピュアモルトとの対比ですが、ピュアモルトは「聖歌を歌いながら喉を降りていく」と表現してます。
spiritには「酒・アルコール」の意の他に「精霊」という意味もあるので「聖歌」なんでしょう。

匿名質問者

ありがとうございます

2013/05/26 01:14:44
  • 匿名質問者
    匿名質問者 2013/05/25 19:17:53
    http://sankei.jp.msn.com/life/news/130525/trd13052518010013-n1.htm
    >>
    サイレントスピリッツが主役に? 魅力的なグレーンウイスキー サントリーが新ブランド目指す
    2013.5.25 18:00 (1/4ページ)

    「森の蒸留所」として知られるサントリー白州蒸溜所。周囲に東京ドームのグラウンド約64面分に当たる約82万平方メートルの森が広がる=山梨県北杜市(サントリー酒類提供)
     シングルモルトウイスキー「白州」の本拠地であり、「森の蒸留所」として知られるサントリー白州蒸溜所(山梨県北杜市)で、グレーンウイスキーが本格的に製造されるようになった。グレーンウイスキーは、ブレンデッドウイスキーを造る際にモルトウイスキーの個性を引き立てるために使われることがほとんどであり、一般的に本格ウイスキーといわれる主役のモルトとは対照的に「脇役」の存在だ。しかし、将来的にはサントリーブランドの新たなブレンデッドウイスキーを生み出すための重要な役目を担うほか、世界的に珍しいグレーン原酒が主役となるシングルグレーンウイスキーなどの新ブランドを生む可能性を秘めている。(頼永博朗)

     グレーンウイスキーは、トウモロコシなどの穀類を主原料としており、大麦麦芽のみを原料とするモルトウイスキーとは異なる。製造工程で使われる蒸留機も、モルトが単式蒸留機であるのに対し、グレーンは連続式蒸留機と異なる。

     一般的にモルトウイスキーは香味の個性が強いため、「ラウド(声高な)スピリッツ」と呼ばれる。これに対し、グレーンウイスキーは香味が軽い穏やかな性格であるため、「サイレント(静かな)スピリッツ」と呼ばれている。この2つの異なるウイスキーを組み合わせて造るブレンデッドウイスキーは、樽(たる)ごとに個性の違う熟成したモルト原酒を複数合わせることにより、それぞれの持ち味が引き出され、さらに穏やかなグレーン原酒を混ぜることで、まろやかな香味のハーモニーを生む。
    <<
  • 匿名質問者
    匿名質問者 2013/06/01 18:43:30
    皆様、御教示有難うございます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません