先日、子供が『手足口病』と病院で言われたのですが、ずっと熱は出ていないし元気です。

食欲もあります。

先生には、うつるかもしれないのでタオルやコップなどは別にした方が良いと言われたのですが、いつまで気を使った方が良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/08/07 17:22:01
  • 終了:2013/08/07 18:37:34

ベストアンサー

id:Kaoru_A No.3

朝霞(あさか)回答回数1367ベストアンサー獲得回数2902013/08/07 18:30:37

 こういう質問は、診察の折に担当医になさるのが大切です。今後、お子さんが病気になったときは必ずこういう質問をしてみてくださいね。

 ◆日本医師会:手足口病Q&A :
 http://www.med.or.jp/kansen/teashi_qa.html

Q4 感染しないようにするために、どのようなことに注意すればよいですか?
 手足口病には予防接種はなく、また手足口病の発病を予防できる薬もありません。治った後でも、比較的長い期間、便などからウイルスが排泄されることがあります。また、感染しても発病はせず、ウイルスを排泄している人もいると思われます。これらのことから、発病した人だけを長期間隔離しても有効な感染対策とはなりませんし、現実的でもありません。
(中略)
一般的な感染対策は、接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすることと、排泄物を適切に処理することです。特に、保育施設などの乳幼児の集団生活では、感染を広げないために、職員とこども達が、しっかりと手洗いをすることが大切です。特におむつを交換する時には、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをしてください。
 手洗いは流水と石けんで十分に行ってください。また、タオルの共用はしてはいけません。
 手足口病は、治った後もしばらくは便の中にウイルスが排泄されますし、感染しても発病しないままウイルスを排泄している人もいると考えられることから、日頃からのしっかりとした手洗いが大切です。

 1)おむつをしている場合、排泄物の処理を適切にし、処理後しっかりミューズなどの除菌系石鹸で洗う。
 2)感染している子供だけでなく、その周囲に居る人もしっかり手洗いをする。
 3)食器、タオルの共用は避ける。タオルや服の洗濯法については、担当医や看護士の指導を仰ぐ。

 とにかく、担当医や保健婦さんとよく相談して対処法を聞いたり、経過をよく観察することを忘れないで下さい

id:hs132

詳しく教えて頂いてありがとうございます。
そうなんですね、治ったように見えてもまだウイルスが残っているんですね。

これからも油断せず、まだ暫くは手洗いの徹底と他にもうつらないように注意したいと思います。

皆様、回答ありがとうございました。

2013/08/07 18:37:12

その他の回答(2件)

id:taknt No.1

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982013/08/07 17:25:11

どうして病院に行ったのでしょうか?

それは 気になる箇所があったからなんでは ないでしょうか?

それが解決すればいいかと思いますが。

id:hs132

最初は、頭が痛い、フラフラする
と言うので心配で病院に連れていったのですが、熱はないしずっと元気に遊んでたので、本当に手足口病?と疑ってしまいました。

2013/08/07 18:34:34
id:quest765876 No.2

岐阜のかっちゃん回答回数13ベストアンサー獲得回数02013/08/07 17:29:33

念の為にタオルやコップなどは別にした方がいいでしょうね。

これでうつったらどうしようもないですからね。

id:hs132

そうですね、まだまだ別にしてうつらないように気をつけたいと思います。

2013/08/07 18:35:07
id:Kaoru_A No.3

朝霞(あさか)回答回数1367ベストアンサー獲得回数2902013/08/07 18:30:37ここでベストアンサー

 こういう質問は、診察の折に担当医になさるのが大切です。今後、お子さんが病気になったときは必ずこういう質問をしてみてくださいね。

 ◆日本医師会:手足口病Q&A :
 http://www.med.or.jp/kansen/teashi_qa.html

Q4 感染しないようにするために、どのようなことに注意すればよいですか?
 手足口病には予防接種はなく、また手足口病の発病を予防できる薬もありません。治った後でも、比較的長い期間、便などからウイルスが排泄されることがあります。また、感染しても発病はせず、ウイルスを排泄している人もいると思われます。これらのことから、発病した人だけを長期間隔離しても有効な感染対策とはなりませんし、現実的でもありません。
(中略)
一般的な感染対策は、接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすることと、排泄物を適切に処理することです。特に、保育施設などの乳幼児の集団生活では、感染を広げないために、職員とこども達が、しっかりと手洗いをすることが大切です。特におむつを交換する時には、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをしてください。
 手洗いは流水と石けんで十分に行ってください。また、タオルの共用はしてはいけません。
 手足口病は、治った後もしばらくは便の中にウイルスが排泄されますし、感染しても発病しないままウイルスを排泄している人もいると考えられることから、日頃からのしっかりとした手洗いが大切です。

 1)おむつをしている場合、排泄物の処理を適切にし、処理後しっかりミューズなどの除菌系石鹸で洗う。
 2)感染している子供だけでなく、その周囲に居る人もしっかり手洗いをする。
 3)食器、タオルの共用は避ける。タオルや服の洗濯法については、担当医や看護士の指導を仰ぐ。

 とにかく、担当医や保健婦さんとよく相談して対処法を聞いたり、経過をよく観察することを忘れないで下さい

id:hs132

詳しく教えて頂いてありがとうございます。
そうなんですね、治ったように見えてもまだウイルスが残っているんですね。

これからも油断せず、まだ暫くは手洗いの徹底と他にもうつらないように注意したいと思います。

皆様、回答ありがとうございました。

2013/08/07 18:37:12
  • id:miharaseihyou
    親にうつるのは体力が落ちている時だってことだけど、夏の暑さにお疲れモードなら用心した方が良いでしょうね。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません