集団的自衛権のニュースを今ほどGoogleニュースで見ました(http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2005229.html

有識者懇談会の北岡伸一座長代理が「本当に問題なら憲法を変えればいいじゃないかと言われますけど、憲法を変えるのに大変な手間がかかるんですよね。」と言われています。

これを聞いて、以前たしか故後藤田正晴さんだったと思うのですが、憲法の重要なところは問題があるからといって解釈で変えるのは一番だめで、憲法でも必要ならば真正面から国民に問うて変更すればいいというようなことを言われていた記憶があるのですが、

もう一つ、集団的自衛権については反対で、これでは他国に言われるがままどこにでも連れていかれ、地球の反対にまで行くことになるというようなことを言われていた記憶がありますが、実際にそのようなことは言われていたのでしょうか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/08/14 17:19:56
  • 終了:2013/08/21 17:20:06

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません