匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

【大臣達の定員】幕末頃の朝廷の議政官の職位ごとの定員について伺います。太政大臣から参議までですが、それぞれ定員があったと思うのですが、江戸時代以降ですと、武家諸法度により、武家の任官は公家とは別の定員枠であったと思います。

すると、①太政大臣も公家と武家から一人ずつ、②左大臣・右大臣も公家と武家からひとりずつ、ということも理論的には可能だったのでしょうか。
③内大臣も。
④大納言と⑤権大納言、⑥中納言と⑦権中納言、⑧参議と⑨権参議も、やはり、公家と武家でて定員がそれぞれ別に決まっていたおかげで、総定員が大幅に増えていたということで正しいでしょうか。
(なお、准大臣というのはなかったと思っています)

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/05/03 15:11:41
  • 終了:2014/05/10 15:15:03

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません