臥薪嘗胆の日本での実例、成功例を教えて下さい。


臥薪嘗胆とは苦しいことを忘れずに耐え忍び、最後には成功するという例えですが、
戦後の日本人で、臥薪嘗胆して大成功した人物とその事例をいくつか教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2014/06/11 16:17:39
  • 終了:2014/06/18 16:20:05

回答(1件)

id:tea_cup No.1

tea_cup回答回数1015ベストアンサー獲得回数1812014/06/12 01:11:10

 戦前に生まれた人ですが、戦後活躍した、出光佐三さんでしょうか。

海賊とよばれた男 上

海賊とよばれた男 上

 この小説の主人公のモデルになった方です。臥薪嘗胆というか、塞翁が馬というか。海外に在った資産を全て失い、戦後すぐに、旧日本海軍の重油タンクの底をさらう仕事から会社を復活させます。オイルショックの際は、他社が生産を自粛する中で、自社備蓄原油を放出して、灯油や重油の供給を続けます。

 塞翁が馬と書きましたが、人間の評価なんて死んだ後でも変わってしまうので、「最後に成功」って言える人は、今のところ戦前、戦中生まれになってしまうのでは…。

id:kmg21

回答ありがとうございます。
話題の本を事例に出していただきわかりやすいです。

戦後に限定してしまうと事例が限られてしまうかもしれないですね。

失敗は成功の元というか
どんなにうまくいかなくても努力し続けた人というか

エジソンが電球を作るのに一万回失敗したとか
カーネルサンダースがフライドチキンを売り込むのに1000回断られたとか

大きな成果を上げるまでに臥薪嘗胆の思いで努力した人の事例は少なくないと思うのですが、中学生でもわかるような日本の有名人でわかりやすい例があれば教えていただきたいです。

2014/06/12 06:14:31

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません