週刊誌は、有名人に名誉棄損で、訴えられることがよくありますが、それでもおかしなゴシップ記事を書き続けるのは、どうしてですか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/02/01 16:34:36
  • 終了:2015/02/06 17:08:46

ベストアンサー

id:NAPORIN No.1

なぽりん回答回数4683ベストアンサー獲得回数8572015/02/01 16:40:58

一般的にはプロだからだとおもいます。
たとえば医者が、最初からほとんど見込みのない患者とわかっており、失敗すれば医療過誤訴訟を起こされるかもしれないことを覚悟の上、手術を行う場合があるのとおなじことで、彼らのプロ意識がそこにあるからでしょう。訴訟ごときで口を封じられては、他にだれが「伝えるべきこと」を伝えられるのだ、とおもっているのだとおもいます。
というか、高度なかけひきの結果うまくいかなかったものだけが訴訟やトラブルとして外に見えているだけで、どんな職業でも人間相手なので少しはトラブルがあり、経営者などはそれを覚悟の上で仕事をしているとおもいますよ。

id:oharanohara

どこの業界でも、訴訟のリスクを抱えながら、仕事をしているんですね。
回答ありがとうございます。

2015/02/01 17:12:25
  • id:rsc96074
    {ゴシップ記事の売上}>{賠償金}×{相手が実際に訴えてくる確率} (^_^;

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません