細胞性免疫が感染防御の主体となる疾患はどれか

百日咳
破傷風
ジフテリア
溶血性連鎖球菌感染症
結核

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/04/04 15:44:41
  • 終了:2015/04/11 15:45:03

回答(1件)

id:gizmo5 No.1

gizmo5回答回数484ベストアンサー獲得回数1382015/04/04 16:10:56

ポイント100pt

結核です。

この結核菌に感染した際に獲得される抵抗性は、 主にマクロファージとT細胞から構成される典型的な細胞性免疫である。

免疫機構
id:Izkgkf0CPUsl85gi0dBq

他のものは細胞性免疫は関係ないのでしょうか?

2015/04/04 16:23:26
id:gizmo5

関係がないということはありませんが細胞性免疫が主体ということではなく体液性免疫が働きます。

2015/04/05 00:54:07

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません