匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

リヒテンシュタインのことで質問します。Wikipediaから下記の①~④の履歴を拾いました。

<質問1>①②の男爵領、伯爵領は:
  オーストリアの中の、つまり領邦内の爵位の付いた領地だったのでしょうか。
  それとも、他の領邦内の爵位の付いた領地だったのでしょうか。
  つまり、領邦内の爵位という意味です。
    或いは、神聖ローマ帝国内の等族としての地位を持つ爵位だったのでしょうか。
<質問2>③のリヒテンシュタイン公(候)の件:
  この公位(候位)は、神聖ローマ帝国内の等族としての爵位でしょうか。
  それとも、領邦内の公位(候位)という位置付けだったのでしょうか。

①1699年 ヨハン・アダム・アンドレアスがシェレンベルク男爵領を購入
②1712年 ヨハン・アダム・アンドレアスがファドゥーツ伯爵領を購入
③1719年 神聖ローマ皇帝カール6世は、リヒテンシュタイン家が買収したファドゥーツ伯爵領とシェレンベルク男爵領とを併せてリヒテンシュタイン公(侯)領とすることを認可(リヒテンシュタインの始まり)
④1806年 神聖ローマ帝国の崩壊によって独立国となり、翌年にライン同盟に参加する

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2015/06/21 23:07:13
  • 終了:2015/06/28 00:27:29

ベストアンサー

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/06/22 01:55:46

おおよその事は、ヨハン・アダム・アンドレアスの記事を読めばわかると思うんですが。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%82%B9

また1699年にスイス国境のシェレンベルクを、1712年にその南に位置するファドゥーツを購入した。後者の2つの所領はいわゆる帝国直属身分(英語版)の荘園だったため、ヨハン・アダムはリヒテンシュタイン家の当主としては初めて帝国議会の諸侯部会(ドイツ語版)の議員席を与えられることになった。帝国議会の議員に列せられることは、ヨハン・アダムにとって長年の念願だった。シェレンベルクを入手する以前、彼(とその父祖)は神聖ローマ帝国の直属領内には1つも所領を持っていなかったため、帝国諸侯の称号を持ちながら帝国諸侯としての権限を持たなかったのである。


質問2についてはこれが回答になると思う。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/liechtenstein/data.html

1719年 神聖ローマ帝国カール6世が両領に対し自治権を付与,リヒテンシュタイン公国に昇格。

ただし、公国と書くのは誤りだそうだ。
http://jpnlie.org/%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%80%99%E5%9B%BD%E5%9B%BD%E5%90%8D%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

他2件のコメントを見る
匿名回答1号

帝国直属身分にもいろいろあるみたいです。

ドイツ諸ラント史辞典 -中世から現在までのドイツ領邦と帝国直属家門-(翻訳)
https://oiu.repo.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=repository_action_common_download&item_id=160&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1&page_id=13&block_id=21
(大阪国際大学/PDFファイルのダウンロードリンクです)

(6)君主(領主)
 三つの帝国直属身分(選帝諸侯・帝国諸侯・帝国都市)と、ドイツ帝国会議の議席は有しないが帝国直属身分である二つのグループ(帝国騎士・帝国村落)と平行して、なおも数多くの帝国直属でない政治的な単一体があげられる。

つまり、新たに取得したシェレンベルク、ファドゥーツはどちらも議席権を有する帝国都市であったため、晴れて帝国議会に出席するという宿願が叶った、という事なのでしょう。

2015/06/23 18:55:03
匿名質問者

お返事遅れて申し訳ありません。

 >対応する所領・領邦のない、「候」というのも、びっくりしました。
 >ふつうは、「××候」というのが一般的だと思いますので。
の件ですが、采地名を持たない爵位に違和感がありました。しかし、
采地をそもそも持っていないのですから仕方ないのですね。

PDFファイルをありがとうございました。99頁に「(7)肩書きだけの諸侯」というのがありました。「位記貴族」という名称がありました(英語で、あるいはドイツ語でなんというのか、と思いましたが・・・)。しかしながら、とにもかくにも、
采地名を持たない爵位とは、まさに、これなのだろうか、と思いました。
この「位記貴族」が、“帝国諸侯の称号を持ちながら・・・”の地位を示しているのだろうと素人ながら推測しておるところです。

2015/06/27 02:30:55

その他の回答(0件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2015/06/22 01:55:46ここでベストアンサー

おおよその事は、ヨハン・アダム・アンドレアスの記事を読めばわかると思うんですが。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%82%B9

また1699年にスイス国境のシェレンベルクを、1712年にその南に位置するファドゥーツを購入した。後者の2つの所領はいわゆる帝国直属身分(英語版)の荘園だったため、ヨハン・アダムはリヒテンシュタイン家の当主としては初めて帝国議会の諸侯部会(ドイツ語版)の議員席を与えられることになった。帝国議会の議員に列せられることは、ヨハン・アダムにとって長年の念願だった。シェレンベルクを入手する以前、彼(とその父祖)は神聖ローマ帝国の直属領内には1つも所領を持っていなかったため、帝国諸侯の称号を持ちながら帝国諸侯としての権限を持たなかったのである。


質問2についてはこれが回答になると思う。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/liechtenstein/data.html

1719年 神聖ローマ帝国カール6世が両領に対し自治権を付与,リヒテンシュタイン公国に昇格。

ただし、公国と書くのは誤りだそうだ。
http://jpnlie.org/%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%80%99%E5%9B%BD%E5%9B%BD%E5%90%8D%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

他2件のコメントを見る
匿名回答1号

帝国直属身分にもいろいろあるみたいです。

ドイツ諸ラント史辞典 -中世から現在までのドイツ領邦と帝国直属家門-(翻訳)
https://oiu.repo.nii.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=repository_action_common_download&item_id=160&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1&page_id=13&block_id=21
(大阪国際大学/PDFファイルのダウンロードリンクです)

(6)君主(領主)
 三つの帝国直属身分(選帝諸侯・帝国諸侯・帝国都市)と、ドイツ帝国会議の議席は有しないが帝国直属身分である二つのグループ(帝国騎士・帝国村落)と平行して、なおも数多くの帝国直属でない政治的な単一体があげられる。

つまり、新たに取得したシェレンベルク、ファドゥーツはどちらも議席権を有する帝国都市であったため、晴れて帝国議会に出席するという宿願が叶った、という事なのでしょう。

2015/06/23 18:55:03
匿名質問者

お返事遅れて申し訳ありません。

 >対応する所領・領邦のない、「候」というのも、びっくりしました。
 >ふつうは、「××候」というのが一般的だと思いますので。
の件ですが、采地名を持たない爵位に違和感がありました。しかし、
采地をそもそも持っていないのですから仕方ないのですね。

PDFファイルをありがとうございました。99頁に「(7)肩書きだけの諸侯」というのがありました。「位記貴族」という名称がありました(英語で、あるいはドイツ語でなんというのか、と思いましたが・・・)。しかしながら、とにもかくにも、
采地名を持たない爵位とは、まさに、これなのだろうか、と思いました。
この「位記貴族」が、“帝国諸侯の称号を持ちながら・・・”の地位を示しているのだろうと素人ながら推測しておるところです。

2015/06/27 02:30:55
匿名質問者

質問者から

匿名質問者2015/06/23 03:21:17

ヨハン・アダム・アンドレアスの祖父であるカールのときに、
the Duchy of Troppau on 28 December 1613 and the Silesian Duchy of Jägerndorf on 15 March 1622 の二つの「公領」を取得しているようでした。これらは、等族としての領地ではなく、領邦内のものだと推測します。土地には必ず、爵位という格が付随するものなのでしょうか、どういものなのか、少しよくわからないです。
なお、同じく、ボヘミアにも領地を得たようでした。こちらの爵位はあったのかなかったのか、よくわかりません。
なお、いつごろに取得したかよくわかりませんが、現在のリヒテンシュタイン候は、オーストリアにも広い土地を所有していると聞いております。その土地も、取得した当時は爵位の付随するものであったのか、わたくしはよくわかりませんが。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません