人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

貧困や飢餓について書かれた本を探しています

将来国連職員か海外のNGOで働くことを志望しているのですが国際協力や貧困に関する本で
良書、とても考えさせられるを教えてください

今まで読んだ本は
ポールコリアー「最底辺の10億人 最も貧しい国々のために本当になすべきことは何か? 」
ロバート ゲスト「アフリカ 苦悩する大陸 」
伊勢崎 賢治「国際貢献のウソ 」
ジェシカ・ウィリアムズ「世界の見方が変わる50の真実」
石井 光太「絶対貧困」
明石康「国際連合―軌跡と展望」
です


●質問者: INVICTA
●カテゴリ:政治・社会 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● nofrills
ベストアンサー

以前、「国境なき医師団」で活動され、現在はNPO「宇宙船地球号」事務局長の山本敏晴さんが、アフリカ諸国やアフガニスタンなどでの活動から、多くの本を書いておられます。特にアフガニスタンについては、山本さんの本から非常に多くを教えられました。

世界で一番いのちの短い国―シエラレオネの国境なき医師団

世界で一番いのちの短い国―シエラレオネの国境なき医師団

彼女の夢みたアフガニスタン

彼女の夢みたアフガニスタン

ぼくは12歳、路上で暮らしはじめたわけ。―私には何ができますか?その悲しみがなくなる日を夢見て

ぼくは12歳、路上で暮らしはじめたわけ。―私には何ができますか?その悲しみがなくなる日を夢見て

◎質問者からの返答

大変参考になりました

早速読んでみます

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ