人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近よく聞く「Markdown記法」について、Wikipediaによるとメールでプレーンテキストを装飾する際の慣習から着想を得た、とのことですが、例えば日本では行頭に「>」を付けると引用文になるなど、英文で装飾する際の慣習はどういったものがあるのか教えて下さい。

※顔文字は除外します

●質問者: wankodon
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● oil999
●50ポイント
Re:メールの返信
Fw:メールの転送

wankodonさんのコメント
有り難うございます。 参考にさせて頂きます。

2 ● a-kuma3
●50ポイント

単語、もしくは、フレーズを強調するという意味で、アスタリスクで挟んだり、シングルクォートと、バッククォートで挟む記述を見たことがあります。

This *word* is emphasized.

This `word' is emphasized.


wankodonさんのコメント
これは日本にはない慣習ですね。 回答有り難うございます。

3 ● TransFreeBSD
●50ポイント

markdownにもなっていますが、下の行に「-」「=」を並べて下線(一重、二重)とか、
行頭に「*」「-」「o」時に「+」「x」で箇条書き、
「-」「+」「|」の組み合わせで表組み、
あと強調はダブルクォートに「``?''」とか大文字、1文字空けの大文字(「H O G E」)とかもありますね。
日本でも使ってる様なのだと、「?[1]」とか「?[*1]」とかで脚注とか、
数字付きの箇条書きが「1. ?」「1) ?」とか。

英文のマニュアルや、RFCとかだと人によって若干違うのだったり、色々見れます。
http://tools.ietf.org/rfc/rfc768.txt
http://tools.ietf.org/rfc/rfc4041.txt
http://tools.ietf.org/rfc/rfc5321.txt

あと、メールでは使われない気がするのでちょっと脱線かも知れないけれど、昔のタイプライタやラインプリンタからの名残りで、バックスペースを表す文字コード(0x08)を使って二度打ちの強調を表す事がありました。
「H(0x08)HO(0x08)OG(0x08)GE(0x08)E」

多分、こういうのはタイプライターも含めた英文の文化なのだと思います。


[追記]
インデントも含めキチッとしている英文は、今では整形ツール(TeXとか?)で作ってる気がします。
そういうマニュアルに書いてあったりするかもしれませんね。


a-kuma3さんのコメント
roff は別格として、XTR ってのもありましたねえ。

wankodonさんのコメント
おおっ、いろいろあるものなんですね。参考にさせて頂きます。 回答有り難うございます。

TransFreeBSDさんのコメント
roff一族いますね。manからしか使ったことないけど。 RFCも古いのroff系なのかな?今はどうなんだろう。 XTRって知りませんでした。ググったらマウンテンバイクのコンポーネント……じゃなくてこれか。 http://www3.atwiki.jp/uran/pages/37.html ちなみにTeXも直接使ったことはありません(笑)

a-kuma3さんのコメント
roff … 昔からの unix 使い TeX … 情報処理学科の学生 XTR … インターネットの前に、パソコン通信を知ってる という(勝手な)イメージ。

4 ● pigmon88
●50ポイント

ここに解説されていますが、英文メールでよく使われる慣習記法には次のものがあるようです。
http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~rhotta/course/2009a/hellog/cat_writing.html


abbreviation original phrase

afaik as far as I know
afk away from keyboard
asap as soon as possible
a/s/l age/sex/location
atw at the weekend
bbfn bye bye for now
bbl be back later
bcnu be seeing you
b4 before
bg big grin
brb be right back
btw by the way
cm call me
cu see you
cul8r see you later
cya see you
dk don't know
eod end of discussion
f? friends?
f2f face-to-face
fotcl falling off the chair laughing
fwiw for what it's worth
fya for your amusement
fyi for your information
g grin
gal get a life
gd&r grinning ducking and running
gmta great minds think alike
gr8 great
gsoh good sense of humour
hhok haha only kidding
hth hope this helps
icwum I see what you mean
idk I don't know
iirc if I remember correctly
imho in my humble opinion
imi I mean it
imo in my opinion
iou I owe you
iow in other words
iri in real life
jam just a minute
j4f just for fun
jk just kidding
kc keep cool
khuf know how you feel
l8r later
lol laughing out loud
m8 mate
nc no comment
np no problem
oic oh I see
otoh on the other hand
pmji pardon my jumping in
ptmm please tell me more
rip rest in peace
rotfl rolling on the floor laughing
ruok are you OK?
sc stay cool
so significant other
sol sooner or later
t+ think positive
ta4n that's all for now
thx thanks
tia thanks in advance
ttfn ta-ta for now
tttt to tell the truth
t2ul talk to you later
ttytt to tell you the truth
tuvm thank you very much
tx thanks
tyvm thank you very much
wadr with all due respect
wb welcome back
w4u waiting for you
wrt with respect to
wu what's up?
X! typical woman
Y! typical man
yiu yes I understand


wankodonさんのコメント
色々あるものなんですね。 回答有り難うございます。

5 ● nofrills
●50ポイント

既にあるご回答への補足ですが、強調には、アステリスクのほか、アンダーバーを使うこともあります(タイプセッティングの約束事として、アンダーバーで挟んだものはイタリック)。また、単に大文字にする場合も、もちろん。


例:
This medicine should *not* be used in children under 5.
This medicine should _not_ be used in children under 5.
This medicine should NOT be used in children under 5.


さらに強調したいときは、アステリスク2段重ねなどします。これは「太字」の扱いです。
This medicine should **not** be used ...
This medicine should __not__ be used ...


戯曲でのト書きが、英語ではイタリックで示されるのですが、メールやTwitterなどでもそういうト書き的な部分はアステリスクで挟みます。


例:
Yay! I've got a new camera. *smiles*


そういえば、メールとの異同ということでいえば、行頭の「> 」がblockquoteの意味になるのは同じでも、行頭が「# 」のときは、Markdownでは「見出し」の意味、メールでは「余談ながら」の意味(コメントアウト)ですよね。


wankodonさんのコメント
確かに「#」は用法によっては色々ありますね。 回答参考になりました。有り難うござます。

1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ