人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

熱中症の予防として、ビールは利尿作用がある為、水分補給にはならないという記述をみたのですが、これは必要以上に尿として水分が排出されてしまうということなのでしょうか?
それとも尿が出やすくなるだけでしょうか?


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

必要以上におしっこをするので
体の水分が
足りなくなります。


2 ● 匿名回答2号
ベストアンサー

アルコールに利尿作用があるためビールに限らず酒類はすべてだめです。

急性アル中で運ばれてくる患者さんたちはみんな脱水状態ですよ。


匿名質問者さんのコメント
ん?、急性アルコール中毒の人は利尿作用よりも嘔吐の方が脱水症状の主因のような気がするのですが。 また、アルコールが利尿作用があるので熱中症予防として、相応しくないという 理屈であれば、コーヒー、緑茶、スイカなど利尿作用があるとされるものも良くないということになりますよね。 アルコールは大量に飲むことを前提に水分補給にはならないと言っていると考えればいいでしょうか?

匿名回答2号さんのコメント
ちょっと待って待って。本気で言ってます? 脱水起こすような嘔吐ならまずアルカローシス起こしてますよね!? さすがにそれはないです。 アルコールは抗利尿ホルモンを抑制することで利尿作用をもちます。ですので同じ作用を持つカフェインもやはり熱中症予防には適切でなく、スポーツの場で水分補給にアイスコーヒーとか見たことないですよね。 スイカのような果実の利尿作用はカリウムによるものです。単なる電解質調整の結果として利尿なので、経口摂取量で脱水はまずありえません。 「大量に飲むことを前提に」はあっていると思います。水分補給として意味のあるような量を飲んだら、それ以上に意味のある利尿効果が得られてしまいますよということです。

匿名質問者さんのコメント
なるほど。ありがとうございます。 そういうご回答期待してました!

3 ● 匿名回答3号


…… 一気飲みすると、胃液が薄まって、食欲や消化力が減退する。
尿意を刺激して大量の尿を放出すれば、ふたたび脱水状態を招く。
糖尿患者のように、必要な量だけを、チビチビ補給するのが望ましい
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7570861.html(No.2 20120704 04:17:43)
水の迷信 ? やたら水を飲む人々 ?


匿名質問者さんのコメント
なるほど、水でも大量に飲めば尿意をもよおすのですね。アルコールの利尿作用が水分補給として相応しくないと言われるのは、やはり大量にアルコール飲料を飲むことを目的に飲んでいる人達のことをさしていると考えて良さそうですね。 私の場合、寝酒に350mlのビールまたは、おちょこ一杯?二杯程度のお酒を飲む程度で、翌朝まで尿がでることはありません。水分補給としては問題なさそうですね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ