人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

手前が同期カム次のカムがリミットカムとなっているが何の目的なのかわかりません。どなたか教えてください。

1377596121
●拡大する

●質問者: ami5sak
●カテゴリ:コレナニ?
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● SPX900

正確な話はこの機械が何なのか、この機構で動かしている対象物が解らないとできません。

ただこの機械、分解あるいは改造されているような気がしてならないんですが。と言うのは、カムならば相棒となるレバーやロッドが存在しているはずなのに、全く見当たらないからです。ピロブロックの真下辺りに写っている六角ボルト(M16か、もっとでっかい?)のところに、何か取り付けてあったんじゃないですかね?

同期カムの方は機械的に触れさせずに、近接センサーや光センサーで位置を見ていることはありうるので、レバーやロッドがなくても話は通じるかも知れませんが、それにしてもセンサーの類まで見当たらない。なのでこちらも何をどうやって見ているのかが不明です。

この写真に写っていないところに機構があるのかも知れませんが、現状ではこの機械を作った人間にしか回答できないと思います。よそのメカ設計の人間を連れてきても解らないでしょう。


ami5sakさんのコメント
この機械は分包機です。改造されている可能性の指摘当たっている気がします。回転軸についているカムらしきものは単に軸にくっついてるだけで何の役目も果たしてないようです。

SPX900さんのコメント
そのカムに触れるものがないのであれば、そのカムは最早ただの名残でしょう。 カムって一度外すと、やっぱりもう一度付けてくれとなった場合に調整が面倒なんですよ。なので改造した人が最後までどっちに転んでもいいように外さずに残しておいて、結局そのままになった…と言う辺りが真相じゃないでしょうか。物理的に干渉するものがなければ、使わないカムがあっても影響ないので。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ