人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

BRUTUSの特集「危険な読書」が甘かったので、本当に危険な読書となる25冊を選びました。もっと危険な作品を教えてください。25冊の紹介は、以下にまとめました。

わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2018/01/post-b9d2.html

※数字は危険度

1
告白/町田康
イワン・イリイチの死/トルストイ
悪魔が教える願いが叶う毒と薬/薬理凶室
2
ファイト・クラブ/パラニューク
ウルトラヘブン/小池桂一
寿司 虚空篇/小林銅蟲
3
ザ・ワールド・イズ・マイン/新井秀樹
死にかた/筒井康隆
獣儀式/友成純一
隣の家の少女/ケッチャム
児童性愛者/ビリング
ブラッドハーレーの馬車/沙村広明
四丁目の夕日/山野一
夜のみだらな鳥/ドノソ
4
城の中のイギリス人/マンディアルグ
バージェスの乙女たち/蜈蚣Melibe
デス・パフォーマンス/スィージィー
死体のある光景/デューン
ソドムの百二十日/サド
ジェローム神父/サド
5
〇〇とぼくらの。/クジラックス
真・現代猟奇伝/氏賀Y太
ラブレターフロム地獄/早見純
ネクロフィリア/ヴィットコップ
消された一家/豊田正義

1515219029
●拡大する

●質問者: Dain
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
○ 状態 :回答受付中
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Asayuri


危険度レベル1

「 蟲 」 江戸川乱歩 (1929年)

睡眠中に 魘されるといけないので

読まないほうが よいかもしれません


危険度レベル5

「 早すぎた埋葬 」 エドガー・アラン・ポー (1844年)

情景を想像するだけで 冷汗が出てきます


Dainさんのコメント
ありがとうございます、『蟲』は乱歩のうちで大好きな一品です。腐敗のプロセスを掻き立てる描写からすると、危険度3に入れたいですね。

2 ● M

オスカーワイルド・ドリアングレイの肖像
ウィルキーコリンズ・白衣の女


Dainさんのコメント
『ドリアン・グレイ』は普通に面白かったです(以下感想)。危険度1ぐらいですね。『白衣の女』は未読ですが、普通に面白そうですね。 人生は顔に出る、隠すか見ないかは自由だが『ドリアン・グレイの肖像』 http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2014/02/post-1358.html
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ