住宅ローンについて教えてください。私の住宅ローンは、ゆとり返済とか言う途中までは安い金利(10年間)で、10年以後急激に金利が上がります。

私も10年がたち急激に金利が上がったのですが、金利が安い銀行に借り換えをしようと思ってますが、今まで安い金利で金利が上がったら他の銀行に帰るというのは、虫がよすぎるように思うのですが、どうなんでしょうか。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2015/03/08 18:34:09

ベストアンサー

id:ShinRai No.3

回答回数491ベストアンサー獲得回数21

ポイント16pt

私も似たようなことをやりました。

10年過ぎてから、0.7%程度の安い金利のローンに組み替えました。

ただ気をつけなくてはならないのは、組み替えの時に、けっこう厳しい条件を示されて、二回も途中で話が挫折しました。

1. こんなにたくさんのローンをどうやって返すのかを示せと言われた

2. それまでの返済で一度も遅滞した実績がないことを調査された。

私の場合、住宅金融公庫の制度にしたがって、はじめのローンを、35年から50年に組み替えていたのですが、これが問題になりました。

はじめの金融機関は、給料がもらえる60歳までに、すべて払い終わるようにと、うるさくいって、結局、融資は認めてもらえませんでした。

次の金融機関も、そのような方向で、動きだしたので、コンプライアンスとか大丈夫ですか、、、、てなことをお伝えして、再考を促した結果、50年ローンで38年残っていたのを、もともとの35年ローンにみあった23年ローンとして計算しなおして認めてもらいました。

おかげで返済はだいぶ楽になりました

id:perule

ありがとうございます。

2015/03/05 12:06:57

その他の回答5件)

id:nnknnc No.1

回答回数159ベストアンサー獲得回数25

ポイント20pt

別に良いのではないですか?
貸した銀行は10年間安いとはいえ利息を頂いているわけですから
他に借り換えるから借りた金を返さないわけでもないですし

ゆとり返済って結局は利息だけを支払っているようなものなんですけどね
借りた元金はほとんど減ってないと思いますよ

id:perule

安心しました。ありがとうございました。

2015/03/04 21:01:49
id:mugihika No.2

回答回数330ベストアンサー獲得回数40

ポイント16pt

全然問題ないですよ。
むしろ借り換えで利益があるなら積極的に利用すべきです。

人によっては定期的に借り換えをして金利の安いプランを利用する人もいますが、
金利の以外の縛りがある場合(例えばクレジットカードの契約など)もありますので多角的な面からみて吟味して利用すればいいと思いますよ。

複数の金融機関で話をする事が失敗しないですよ。

id:perule

安心しました。ありがとうございました。

2015/03/04 21:02:00
id:ShinRai No.3

回答回数491ベストアンサー獲得回数21ここでベストアンサー

ポイント16pt

私も似たようなことをやりました。

10年過ぎてから、0.7%程度の安い金利のローンに組み替えました。

ただ気をつけなくてはならないのは、組み替えの時に、けっこう厳しい条件を示されて、二回も途中で話が挫折しました。

1. こんなにたくさんのローンをどうやって返すのかを示せと言われた

2. それまでの返済で一度も遅滞した実績がないことを調査された。

私の場合、住宅金融公庫の制度にしたがって、はじめのローンを、35年から50年に組み替えていたのですが、これが問題になりました。

はじめの金融機関は、給料がもらえる60歳までに、すべて払い終わるようにと、うるさくいって、結局、融資は認めてもらえませんでした。

次の金融機関も、そのような方向で、動きだしたので、コンプライアンスとか大丈夫ですか、、、、てなことをお伝えして、再考を促した結果、50年ローンで38年残っていたのを、もともとの35年ローンにみあった23年ローンとして計算しなおして認めてもらいました。

おかげで返済はだいぶ楽になりました

id:perule

ありがとうございます。

2015/03/05 12:06:57
id:doradoratan No.4

回答回数68ベストアンサー獲得回数15

ポイント16pt

>今まで安い金利で金利が上がったら他の銀行に帰る

いやいや、金利は低く見えても支払った利息は安くないと思いますよ。

預金の場合の金利って 0.1%~0.2%ですよね。
この預かったお金や、現在行われている日銀のゼロ金利政策により調達した資金を数十倍の利率で、顧客に貸し出しているわけですから安いわけではありません。
つまり仕入れは実質0円で何もしなくても毎月利息が入ってくるということです。
毎月の支払い計算書なんか見ればわかると思いますが借り入れ当初は相当な利息を払っているはずです。 10年間でどれだけ銀行に利息払ったか調べてみると良いでしょう。

id:rafting No.5

回答回数2652ベストアンサー獲得回数176

ポイント16pt

元利均等返済の住宅ローンの場合

ゆとり返済の場合は初期段階の元金と利息の返済額を低く設定しているので、総返済額のうちの元金はあまり減ってはいないと思われます。

ただ、金利は時勢によって変動するものですので、得した人もいるだろうし、損をした人もいるだろうし、見直せる選択肢があり、その時点で各種手数料を考慮しても利点があるならば、トータルコストで検討していけばいいのではないかと思います。

id:nakamy-2114 No.6

回答回数56ベストアンサー獲得回数3

ポイント16pt

好条件を求めて借換するのはべつに不義理とかじゃないので大丈夫です。
でも安易に他の銀行で借換を決めてしまうのはやめましょう。
まず自分の今の状況が分かる資料を揃えて、他の銀行で借換の相談をします。
その結果、返済額、総支払額が今と比較してどう変わるか、あと欠かせないのが
借換の経費がいくらかかるのか、主にこの3点を聞き出しましょう。

それを踏まえて、今住宅ローンを組んでいる銀行へ相談に行きます。
「返済厳しくなると思うんですが何かいい手はありませんか」と聞いてみましょう。
「もっと早く相談すればよかった」と思うような好条件の提案があるかもしれません。
今まで付き合いのあった銀行としては、これからも長く付き合ってもらえるお客様は
逃がしたくないはずだからです。勿論「ルール上できません」という場合もありますが。
そして今利用している銀行に相談する理由がもう2つ。
1つ目は、借換にかかる諸経費というのがバカにならない額になること。最初に
住宅ローンを組んだ時は感覚がマヒしていて記憶に残っていないかもしれませんが、
多分その時に諸経費で50万円とかその程度はかかったのではないでしょうか。
借換というのは別の銀行に改めて住宅ローンを組むということなので、当初ほど
ではないにせよ、やはり数十万単位の経費が掛かる可能性はあります。
今付き合っている銀行で対応してくれるのであればその経費が浮く可能性があります。
2つ目は、手間というか労力の問題。住宅ローンを組むときには仕事の合間を縫って
あれこれと準備したり銀行に出向いたりとかあったと思いますが、別の銀行で
借換するからにはまたその時と同程度の手間がかかるかもしれません。はっきり言って
面倒なのです。

というわけで、好条件を求めて借換を検討するなら、借り換えした場合と、
今付き合っている銀行で見直しを提示してくれた場合、両者を比較して、
経費と手間をかけただけの恩恵があるか、そこをじっくり検討すべきです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません