私が公開しているサイトに、以前固有名詞(個人の名前)が掲載されていました。既に削除しましたが(いつ削除したか不明)いまだにヤフー検索やグーグル検索で、その方の固有名詞&ある文字列、を検索すると検索結果の一覧に概要(その方の名前も入っている)とともに表示されてしまいます。私が公開しているサイトのページは削除しないで、ヤフー検索、グーグル検索で「その方の固有名詞&ある文字列」->検索、で表示されないようにヤフー検索、グーグル検索にお願いしたいのですが、どのような手順がありますか。もしくは検索エンジンの事情で不可能なのでしょうか。よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:
  • 終了:2021/08/30 09:56:12
※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。

ベストアンサー

id:adlib No.1

回答回数3158ベストアンサー獲得回数242

ポイント150pt

 

 あなたが、あなた自身のメッセージを書きかえたら、元のメッセージ

について責任はありません。だれかが魚拓を撮って、別のサイトに転載

しても、過去に(誤って)発言した、というだけで、おしまいです。

 

 そもそも検索ロボットに、品詞・名詞・固有名詞・人名・地名などの

区別や識別がありません。すべては、JISコード順(0~9、A~Z)

に組合わさったキーワードの検索頻度を紹介するだけでした。

 

 つまり「山田太郎」という人格は存在せず、単に「山+田+太+郎」

の順に認識されています。ただし、これを読む人々は、彼が犯罪者で、

「山+田+次+郎」の兄である、というような情報を知っています。

 

 さらにまた「山+田+三+郎」が、「山+田+太+郎」に殺された、

などという認識も、ロボットには通用しないのです。

 ところが、近年はからずも、スタッフの脳が混乱しはじめました。

 

 アメリカ大統領のツイッターが「暴動を挑発した」と認識したのは、

ロボットでなく、ツイッター社のスタッフだったのです。米議会に喚問

されたGAFA各社オーナーも(現時点では)スタッフを庇っています。

 

 もうひとつの疑惑は、このようなSNSの弱点が、なんらかの利益を

生みだすことに気づいた人たちが、世界的な規模で、人類の衝動を誘導

する陰謀手法を編みだした、ともみられます。(↓三年前のジョーク)

 

……(数十年来)大陸から季節風に乗せて、バカになるウィルスが送ら

れた。さらに、些細なことで、イライラする成分が添加された。言った

ことは3分で忘れ、人の言ったことは3年後に思いだす。(数十年後)

バカが治るワクチンが送られる。利いたような気分になる偽薬”だ。

https://q.hatena.ne.jp/1530542337#a1268023(No.1 20180703 00:51:55)

 

id:kohhi

早速お返事ありがとうございます。

2021/08/29 20:05:27

その他の回答1件)

id:adlib No.1

回答回数3158ベストアンサー獲得回数242ここでベストアンサー

ポイント150pt

 

 あなたが、あなた自身のメッセージを書きかえたら、元のメッセージ

について責任はありません。だれかが魚拓を撮って、別のサイトに転載

しても、過去に(誤って)発言した、というだけで、おしまいです。

 

 そもそも検索ロボットに、品詞・名詞・固有名詞・人名・地名などの

区別や識別がありません。すべては、JISコード順(0~9、A~Z)

に組合わさったキーワードの検索頻度を紹介するだけでした。

 

 つまり「山田太郎」という人格は存在せず、単に「山+田+太+郎」

の順に認識されています。ただし、これを読む人々は、彼が犯罪者で、

「山+田+次+郎」の兄である、というような情報を知っています。

 

 さらにまた「山+田+三+郎」が、「山+田+太+郎」に殺された、

などという認識も、ロボットには通用しないのです。

 ところが、近年はからずも、スタッフの脳が混乱しはじめました。

 

 アメリカ大統領のツイッターが「暴動を挑発した」と認識したのは、

ロボットでなく、ツイッター社のスタッフだったのです。米議会に喚問

されたGAFA各社オーナーも(現時点では)スタッフを庇っています。

 

 もうひとつの疑惑は、このようなSNSの弱点が、なんらかの利益を

生みだすことに気づいた人たちが、世界的な規模で、人類の衝動を誘導

する陰謀手法を編みだした、ともみられます。(↓三年前のジョーク)

 

……(数十年来)大陸から季節風に乗せて、バカになるウィルスが送ら

れた。さらに、些細なことで、イライラする成分が添加された。言った

ことは3分で忘れ、人の言ったことは3年後に思いだす。(数十年後)

バカが治るワクチンが送られる。利いたような気分になる偽薬”だ。

https://q.hatena.ne.jp/1530542337#a1268023(No.1 20180703 00:51:55)

 

id:kohhi

早速お返事ありがとうございます。

2021/08/29 20:05:27
id:figamere No.2

回答回数110ベストアンサー獲得回数26

ポイント150pt

Yahoo!検索はGoogle検索のデータベースを使っているので、削除手続きはGoogleで行えば問題ないです。

検索結果の概要やキャッシュにその個人名が残っていて削除したい場合は「Google検索から古くなったコンテンツを削除する」を使えます。

https://search.google.com/search-console/remove-outdated-content

ページ自体を削除していない場合「このページはまだ存在しています」と表示されますが、すでに削除された個人名の文字列を入力してリクエストすればキャッシュだけが消えます。この操作はGoogleアカウントがあれば誰でもできるので一番簡単です。


ただ、このリクエストが受理されキャッシュが消えても、文字列での検索結果としてそのURL自体は引き続き表示されてしまうようです。しばらく反映されないのか恒久的に反映されないのかはわかりませんが、これをどうにかしたい場合、Googleに再クロールをリクエストしてインデックスしなおしてもらう方法があります。この操作はウェブマスターしかできないので、Search Console への登録が必要です。

https://developers.google.com/search/docs/advanced/crawling/ask-...


なお、文字列が個人名で、言及された本人からプライバシー侵害として削除依頼を受けている場合は、法的理由での削除として、個人情報の削除リクエストフォームが使えます。個人情報が掲載されている本人か正式な代理人だけがリクエストできますので、本人に自分でリクエストしてもらうようお願いすることになります。

https://www.google.com/webmasters/tools/legal-removal-request?co...

他にも方法はあるかもしれませんが、詳しくはGoogleのフォーラムで質問されると確実かと思います。

id:kohhi

早速お返事ありがとうございます。

2021/08/29 20:05:21
  • id:jwrekitan
    ヤフー検索とgoogle検索は同一です。
    https://www.google.com/search?q=ヤフー+google検索エンジンを採用

    実際にはヤフー側では検索順位に若干変化を持たせているらしいんですけれども、元になるデータベースは同じという事。

    削除の方法は探せばいくらでも出てくるんですが、(例えば↓こんなの)
    https://www.elplanning.co.jp/column/category01/4176
    たぶん正常に機能していないです。
    いや、もしかすると大抵のケースでは正常に機能してインデックスから消えるのかもしれませんが、
    いろいろ調べ物をしていると、消えずに何年も残ってるらしいケースというのによく遭遇します。

    検索 → それっぽい情報が見つかったけど本当に求めている情報なのか、
    前後の文脈が知りたいのでとりあえずキャッシュで確認してみる。

    ケース1.キャッシュなんてどこにもなかった
    ケース2.キャッシュはあるんだけど検索結果に表示された文字列はキャッシュ内のどこを探してもない

    こういうのはザラにあります。
    つまり検索に使うインデックス(および検索結果と共に表示される短文)とキャッシュは連動しておらず、
    ページから特定ワードが消えたらインデックスからも消せばいいのにインデックスだけ残ってたりとか、
    そういう可能性ですね。つまり、キャッシュはちゃんと消してるし、キャッシュは最新の情報を保ってるんだけど、
    インデックスが古いまま更新されないケースが時折起こっているんだろうな…と予想しています。
    (もしくはインデックスから検索ワードを削除するのがそもそも苦手、あるいは欠陥があるとか)
    そういう状況がかれこれ15年くらいは続いてるでしょうか、黎明期のGoogleは本当に優秀だったんですが…(過去形)。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません