三島由紀夫の「仮面の告白」に「純粋な好奇心に倫理観は無い」というような記述があった気がするのですが、正確にはどういう記述で何ページに書かれていますか。とにかく好奇心と倫理観について書かれている箇所を教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/06/22 00:24:11
  • 終了:--

回答(2件)

id:komasafarina No.1

1500曲を突破♪回答回数1662ベストアンサー獲得回数42005/06/22 01:17:20

ポイント80pt

仮面の告白 (新潮文庫)

仮面の告白 (新潮文庫)

  • 作者: 三島 由紀夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

こうしたことは私の烈しすぎる好奇心がいきおい私を倫理的な関心に向かわせなったからだといえばそれで説明がつくにしても、この好奇心は永患いの病人の、外科医への絶望的な憧れにも似て一面不可能の確信とわかちがたく結びついていた。


(版が同じかどうかわかりませんが)

第三章がはじまって11ページ目

新潮文庫p92の最後(左側)の段落

(その年頃の少年として・・・)からはじまる段落です・・・・

id:katuzetukan

ありがとうございます!ドンピシャですね。

2005/06/22 01:21:06
id:kohox720 No.2

kohox720回答回数27ベストアンサー獲得回数02005/06/22 06:54:34

ポイント100pt

仮面の告白 (新潮文庫)

仮面の告白 (新潮文庫)

  • 作者: 三島 由紀夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

私も上の方の回答箇所であろうと思っていたのですが、その後を読み進めていくうちに少し気になった箇所がありましたので、参考まで。


「潔癖さというものは欲望の命じる一種のわがままだ。私の本来の欲望は、そういう正面切ったわがままをさえ許さぬほどの隠密な欲望だった。さりとてまた、私の仮想の欲望-つまり女に対する単純な抽象的な好奇心-は、およそわがままの余地もないほどの冷淡な自由を与えられていた。

好奇心には道徳がないのである。もしかするとそれは人間の持ちうるもっとも不徳な欲望かもしれない。」


私の手元にあるのもので、新潮文庫p184の最後の段落、次頁の1行目までです(四章始まって3頁目)。

(ちなみに上の方の回答箇所は私のものですとp96になっています。)

id:katuzetukan

あー上記の方の回答だと思っていたらどちらかというと、こっちですね!!

とにかくお二人ともありがとうございます。大学一年の時に読んで、なるほどなと思った一節なのです。

2005/06/25 01:37:23

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません