「自営業」の定義ってどこまででしょう。たとえば、何らかの書類で職業欄が「会社員」「自営業」となっていた場合(会社役員という選択肢がない場合)、以下の事業の代表者の職業が「自営業」になる人はどこまででしょうか?

理由・根拠なども呈示いただけるとありがたいです。

①個人事業主だが、家族以外のアルバイト・パートがいる
②個人事業主だが、家族以外にフルタイムで働く人を雇っている
③法人の代表取締役で会社オーナー(100%)だが、家族以外のアルバイト・パートがいる
④法人の代表取締役で会社オーナー(100%)だが、家族以外の従業員が数人いる
⑤法人の代表取締役で会社オーナー(100%)だが、家族以外の従業員が20人くらいいる
⑥法人の代表取締役で会社の過半数株を持っており、家族以外の従業員が20人くらいいる
⑦法人の代表取締役で会社の過半数株を持っている。会社は上場している。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/06/11 20:45:34
  • 終了:2006/06/11 22:17:26

ベストアンサー

id:kurukuru-neko No.2

kurukuru-neko回答回数1844ベストアンサー獲得回数1552006/06/11 21:25:49

ポイント30pt

日本標準職業分類

http://www.stat.go.jp/index/seido/shokgyou/5naiyou.htm

http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2000/guide/3-04.htm

従業上の地位と、職業は別物

職業欄は、とあるが職業上の地位を問われているのので

①、②: 自営業主

③~⑦: 会社員

     法人であるので、雇用者、役員のいずれかになる

     自営業主ではないので結果として会社員

自営業主:

個人で事業を営んでいる者。個人経営の商店主,工場主,

農業主,開業医,

弁護士,著述家など。自宅で内職(賃仕事)をしている

者を含む。

id:nishik

おお、ソースつきで完璧です。

ありがとうございます。

2006/06/11 22:15:58

その他の回答(3件)

id:seble No.1

seble回答回数4680ベストアンサー獲得回数6172006/06/11 21:13:10

ポイント20pt

http://www.taxanswer.nta.go.jp/shoto316.htm

自営業とは法人でない個人事業の事です。

ですから、法人として登記した時点で自営業ではありません。

個人事業主でも人を雇う事はできます。

ですから、一人でやっているか、雇い人がいるかは関係ありません。

雇われている人も自営業主に雇われているのであって、会社になっていない

(法人として登記されていない)

ところで働いている事から、厳密に言えば、会社員でもありません。

法人として登記されているか否かがその境界になります。

ついでに、会社役員という項目がないのなら、会社員です。

役員であっても、会社に雇われているには違いありません。

会社とは法人の事ですから、それ自体に一つの人格があり、社長といえど私物化できるわけではありません。

あくまで、会社から給料や報酬をもらって働いているに過ぎません。

id:nishik

ありがとうございます!

2006/06/11 22:15:19
id:kurukuru-neko No.2

kurukuru-neko回答回数1844ベストアンサー獲得回数1552006/06/11 21:25:49ここでベストアンサー

ポイント30pt

日本標準職業分類

http://www.stat.go.jp/index/seido/shokgyou/5naiyou.htm

http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2000/guide/3-04.htm

従業上の地位と、職業は別物

職業欄は、とあるが職業上の地位を問われているのので

①、②: 自営業主

③~⑦: 会社員

     法人であるので、雇用者、役員のいずれかになる

     自営業主ではないので結果として会社員

自営業主:

個人で事業を営んでいる者。個人経営の商店主,工場主,

農業主,開業医,

弁護士,著述家など。自宅で内職(賃仕事)をしている

者を含む。

id:nishik

おお、ソースつきで完璧です。

ありがとうございます。

2006/06/11 22:15:58
id:Reformer No.3

Reformer回答回数147ベストアンサー獲得回数52006/06/11 21:31:54

ポイント20pt

http://www.works-i.com/labor/part1.html

>1982 年のILO 第 3 回国際労働統計会議にて、「現金もしくは現物による利益または、家族の利益のために、何らかの仕事をした者」と定められたが、現在においても国により若干の差異がある。ここでは、多くの国で用いられている「雇用者を雇用せず、雇用していても家族従業者にとどまる者」という定義

0 自分(家族含む)自身のために営む?


この定義だと、全部が「会社(に所属する人)員」。




http://jgss.daishodai.ac.jp/japanese/5research/jgssm2pdf/jgssm2_...

>「10 自営業主・自由業者」と回答したもの、さらに「1 経営者・役員」と回答

したもののうち、従業先規模が29 人以下のものをセレクトし「自営業主」と定義した。

こんな定義で研究した人もいますが、一般に当てはめると、これだと広すぎますね。⑥まではいるのかと思います。


最初の定義のように、自分(+家族等)で行っているのが妥当だと思います。

id:nishik

ありがとうございます。

2006/06/11 22:16:32
id:ayuemi No.4

ayuemi回答回数216ベストアンサー獲得回数52006/06/11 21:32:15

ポイント20pt

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%96%B6%E6%A5%AD

個人事業主(こじんじぎょうぬし)は、法人を設立せずに自ら事業を行っている個人を示す。

なので、①,②が自営業となるのではないでしょうか?

id:nishik

ありがとうございます。

2006/06/11 22:16:47
  • id:sami624
    http://homepage3.nifty.com/shuusan/page014.html
    自営業→個人事業主。法人成りしていない個人の事業形態で、親族若しくは親族以外の使用人を有する場合を含む。よって①②が自営業に該当するわけです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません