早稲田大学の大槻教授は幽霊を信じない人として有名ですが、彼に「例はいるのだ」ということを証明してみせてください。


例:墓や仏壇に手を合わせるということは「先祖の霊」に対して祈っているということであり、もし霊がいないのであれば、仏壇も墓も必要ない。

いい答えには高ポイントさしあげます。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:2007/05/03 12:07:47
  • 終了:2007/05/10 12:10:03

回答(15件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
先祖の霊とは記憶のことです。幽霊も記憶が作り出すのです。 daiyokozuna2007/05/03 18:43:24ポイント2pt

すべて脳の仕業です。

普通のひとが関係ない人の霊を rthuk2007/05/06 01:36:34

みることがあるのはいったいどういうことなのでしょうか?

脳の仕業と説明が出来ないようにおもいます。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません