女優という夢…あきらめた方がいいですか?

私は、静岡県に住む中学2年です。中学1年の時に、『女優』になりたいと思い始めました。でも、私は人前にでるとあがってしまい、いつも失敗ばかりです。それに、親にすらこの事を言えません。それでも、最近は劇団に興味を持ち始めました。
こんなに、女優に適していない私ですがあきらめなくていいのでしょうか?

それと、劇団の事やオーディションの事も沢山教えてほしいです。

お願いします!!

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2013/07/17 22:58:05
  • 終了:2013/07/24 23:00:05

回答(2件)

id:JIYUJOHO2007 No.1

JIYUJOHO回答回数274ベストアンサー獲得回数252013/07/18 06:00:19

全国高等学校演劇協議会
http://www2.odn.ne.jp/~cai42040/engeki/index.htm
演劇部の活動が盛んな高校をめざしてみては?

女優で食べられるくらいに成功できる可能性は、ものすごく低いと思いますが(なりたい人がものすごく多いので)、

女優としてだめだとしても、あがり症のまま、人と接するのが苦手なまま社会人になるよりも、演劇をやった経験が、社会人になってから役に立つと思いますよ。

私が知ってるところでは、福澤アナとか、夕方のニュースの堀尾アナとか、あと本村弁護士とかは、学生時代演劇をやってて、役者にはならなかったけれど、いまその経験を生かしてますね。

ま、何もしないよりも、何かやってみるほうが、次のステップにつながる何らかの「出会い」はありますよ。

id:mickey423

丁寧な回答ありがとうございます!
早く、女優になるための勉強をしないといけないと思っていましたが、高校でも遅くないということがよく分かりました。私が、目指している高校は今の私では手が届きません。でも、その高校には演劇部があります。人生の第一歩として、その学校になんとしても合格して、たとえ女優になれなくても演劇部で学んだことを次のステップにつなげたいと思います!
本当に、ありがとうございました!

2013/07/18 22:28:40
id:practicalscheme No.2

practicalscheme回答回数157ベストアンサー獲得回数422013/07/18 18:37:21

JIYUJOHOさんに賛成。まずは、舞台を踏んでみましょう。演劇部でもいいし、地域の劇団が出演者を募集していることもあるかもしれません。客席から舞台上の俳優さんを見ていても、その舞台に立って客席に向かった時に何が見えて何を感じるかは決してわかりません。静岡なら、静岡県舞台芸術センターで、中高生も参加できるプログラムが開催されていますよ。

http://www.spac.or.jp/about_cultivation

「あがること」については、心配しないでいいです。私は、人前で話をするときや趣味でやってるピアノを演奏するときは、今でも滅茶苦茶あがっちゃうんですが、役者として舞台やカメラの前に立つ時はあがりません (良い意味での緊張感はあります)。やるべきことがはっきりしててそれをやるのに忙しいのであがってる暇がない…というとわかりにくいでしょうか。まあ、舞台経験を積んでゆけば問題ではなくなりますよ。

俳優だけを仕事として食べてゆくのはとても難しい道ですが、たとえそうならなかったとしても、別に仕事を持ちながら副業や趣味で一生演技を続けてゆくことはできますよ。私も高校の演劇部がきっかけでした。学生時代の芝居仲間には、プロになった人も、趣味で続けている人もいます。共通するのは、「自分で選ぶことではない」ってことです。魅入られてしまったら、どうにかして続けてゆくしかないんです。ひとまず、自分もそうなるかどうか、やってみましょう。

オーディションについては以前書いた回答とコメントがあるのでそちらを見てください:

http://q.hatena.ne.jp/1237527323#a904539

http://q.hatena.ne.jp/1237527323#c146012

id:mickey423

丁寧な回答ありがとうございます!
まずは、舞台に足を踏み入れることから入りたいと思います。たとえ、私が望んでいるような女優になれなくても、趣味としてでも演技を続けたいと思います。私は、将来にいかせるような習い事をしています。そこでも、やっぱりあがってしまいます。でも、徐々に直していざその場に立つと顔が一瞬でかわるような人になりたいと思います!
本当に、ありがとうございました!!

2013/07/18 22:35:43

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません