林先生と写真を撮りたい4人との組み合わせは全部で16通り

写真に写りたい人がそれぞれいるかいないかで

いる  
いないの2択が4人なので

2×2×2×2=16

全員いなかったら林先生の1ショットになるので

(4人全員がいないという組み合わせになるため)

その1は引くので(16-1)で15

15通りとなる


例えば

3人だと2×2×2-1=7通り

5人だと2×2×2×2×2×-1=31通り
6人だと63通り

この、林修先生が番組で言っていた、15通りとはどんな組み合わせになるか、一つずつ教えて下さい。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2016/05/31 23:51:46
  • 終了:2016/06/07 23:55:03

ベストアンサー

id:a-kuma3 No.1

a-kuma3回答回数4412ベストアンサー獲得回数18032016/06/01 00:16:36

1 : 林、A
2 : 林、B
3 : 林、A、B
4 : 林、C
5 : 林、A、C
6 : 林、B、C
7 : 林、A、B、C
8 : 林、D
9 : 林、A、D
10 : 林、B、D
11 : 林、A、B、D
12 : 林、C、D
13 : 林、A、C、D
14 : 林、B、C、D
15 : 林、A、B、C、D

こんな、やっつけプログラムでの出力です :-)

n = 1
["",""].each { |d|
["",""].each { |c|
["",""].each { |b|
["",""].each { |a|
    s = "林、#{a}#{b}#{c}#{d}"
    s.gsub! /、+/, ''
    s.gsub! /、$/, ''
    unless s == '' then
        puts "#{n} : #{s}"  
        n += 1
    end
}
}
}
}



見え方を変えただけですが、こっちの方が組合せ加減が分かりやすいかな。

 1 : 林 A ・ ・ ・
 2 : 林 ・ B ・ ・
 3 : 林 A B ・ ・
 4 : 林 ・ ・ C ・
 5 : 林 A ・ C ・
 6 : 林 ・ B C ・
 7 : 林 A B C ・
 8 : 林 ・ ・ ・ D
 9 : 林 A ・ ・ D
10 : 林 ・ B ・ D
11 : 林 A B ・ D
12 : 林 ・ ・ C D
13 : 林 A ・ C D
14 : 林 ・ B C D
15 : 林 A B C D
id:a-kuma3

数学の何を勉強すればこういう解き方が出来るのでしょう💦

単元としては、「順列と組合せ」のところになります。

2016/06/03 21:23:28

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません