人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【秋の夜長の戯れに、クイズでも】
最近、あるきっかけで読みなおした本があります。
五冊あるのですが、そのタイトルの頭文字をとった五文字を答えてください。
あわせて、その本の著者や著作についての感想を、著者名や本のタイトルを伏せて、添えてください。
感想が入るので、重複の回答はありえないと思いますので、暗号化するかどうかは回答者に任せます。

ヒントらしきもの。
・文庫です
・五冊は、一連のシリーズです
・純文学は、ほとんど読みません
・12歳以下には、回答は無理(だと思う)

■解答例
------------------------------------------------------------------------
「す冷笑詩封」
作風を言えば、理系の小説ですよね。
二人でどんな困難な状況でも、理詰めで解決していくのは、さすがとは思いますが
私には少し難しすぎます。最初の「F」からギブアップです。ポイントください。
------------------------------------------------------------------------

# あくまでも、例なので、森博嗣が嫌いなわけじゃありません


読書週間なんですってね。
http://www.dokusyo.or.jp/jigyo/dokusyo/top.htm

1319902091
●拡大する


●質問者: a-kuma3
●カテゴリ:ネタ・ジョーク 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● migrantblacky
●25ポイント

id:a-kuma3 さんへ

 l7zNVP/rXraUhF0Yav1YvMOFhiHc6aeMJ2/QqZ+uvrNAgA4IWxA2DKLAxOpavLiy
 7QSB42JpKrmpEh5ODnGZYp2P63Jzg8L2AM/qJEwfM9A=

この著者大好きです。その中でもこのシリーズが最高。

あまり新作が出なくなったのでチェックしてませんでしたが

何冊か新作あるようですね

※回答部分だけ暗号をかけなおしました。


a-kuma3さんのコメント
>> 「そ・よ・あ・ろ・あ」 migrantblackyです。ポイント下さい << 瞬殺ですよ、瞬殺。 「ポイントハンター」を標榜しているのは、伊達ではありません。 どうやって回答にたどりついたか興味があります。 よろしかったら、コメントしてください。

migrantblackyさんのコメント
あ、どもども 回答?2の返答でも書かれているように「人力検索」の はてなハイクをROMっていたのであっさりでした。 >> ≪人力検索≫ >北村薫の推理小説で落語家が出てくるやつに、高価な本をタダで読む方法が出てくるんだけど... 「夜の蝉」の「朧夜の底」ですね。 こんな深夜だってのに、読み始めちゃったじゃないですか。寝られない... a-kuma3 2011-10-08 04:27:50 from web << 北村薫の本は一時期読み漁っていたので記憶に残っておりました。 「スキップ」、「ターン」、「リセット」のシリーズや他シリーズのイメージもあり 最初、円紫さんシリーズって3冊じゃなかったっけ 文庫ではなく単行本でなかったかなと思ったのですが 「北村薫」でWikidepiaを見たら5冊シリーズ該当、これしかないて感じでした。 自分は「謎のギャラリー」が出たあたりで小説の刊行が一時期ストップし その後、あまりチェックしていなかったのですがWikidepiaで確認すると1998年。 「リセット」あたりは覚えているので2001年。 その後の「ベッキー」さんシリーズは知りませんでした。 >また書き始めたのを知り、調べてみたら、直木賞を受賞されていたようで。 このシリーズで直木賞を受賞されていたんですね。それまた知りませんでした。

a-kuma3さんのコメント
>> はてなハイクをROMっていたのであっさりでした。 << さらっと書いてますが、三週間も前の他人の雑書きですからねえ。 今度は、英語ネタかな。 # 別の方に瞬殺されるか =)

migrantblackyさんのコメント
当時、北村薫は緒川たまきのような知的美人だろうと 妄想を膨らませていてドキドキしながら読んでいたのを思い出しましたw ダ・ヴィンチか何かでご尊顔を拝見した際のガッカリ具合ときたら・・・ >今度は、英語ネタかな。 楽しみにしています!

2 ● グラ娘。
●30ポイント

読み直すほどの名作で5部作っていったらアレしかないじゃないですか。

純文学でも無いし。

答え:『機機機機機』

えっ? わかりにくいですか?

じゃあサブタイトルで。『第第第第第』これもだめですね。

第一部とか第二部とかはとっぱらったサブタイトルを並べます。

『カア強ザ戻』


ファーストしか知らんって言ってた気がするので、絶対に正解ではないはず。

『カア強ザ戻』の前に出てた3部作のやつは、もうなんだか主人公途中でいなくなるし

あとは、テレパシーでいろいろと助けるというか、文体も大人びて、男女の大人の関係とかも

いろいろ言及されてたりして、まったく別作品としてしか読めず、どちらかというと楽しく

読めなかったのですが、この5部作は良いです。その後の、2部作のやつは作者が変わったのと

2冊にまとまっちゃったのでなんとも。まあ楽しかったですけど。

劇場版も、ナイチンゲールが出るやつと出ない奴とで2バージョンあったりなんだかもう

いろいろ悩ましいです。ガイアギアが闇に葬り去られたり。


で、今日、文庫版でUCの最終巻が出ているのを本屋で知ったので近々読む予定です。

用件はなんでしたっけ? クイズでしたっけ? またヒントとか増えたら考えときます。


こっちも名作でした。

機動戦士ガンダムSEED〈1〉すれ違う翼 (角川スニーカー文庫)

機動戦士ガンダムSEED〈1〉すれ違う翼 (角川スニーカー文庫)

デステニーも。



私の余った時間の使用方法。

id:a-kuma3 さんへ

 ALYmHEPiMVSVJxK0YozImFk7a19rXe5fJGWTwp6S/EdXrjyi669UJE+siTU1Aika
 J24Ui11FNE4GUIjv5WBlD+BsOEwYFOovfWrUBRtW6dFSRaDHA0jV5rCfM2clmTZC
 X1eC7i8r1ZoMe2O9Ux/pYY8I4ZAi5WzKrjvBhXbV17mRiKLiLS/zfC4BDh5zzK8P
 XaiHZEGKW+X9ljtqpMKjoo87MfRABXwcAbShN5/5++m55FwOsoi3H1hYOGhptczl
 H+j+ygA7LDYpNR8bb9mI9GFq1AcxdGS9VhqUhqz+rD2mJUwShDMLv9w8PjwwTjVR
 u+zhwM+68vMFNx2CuLAp57oZmm/2I9A3rjcjR66paLRZO2tfa13uXz8gibHftV9l
 uHamV15Evqz7HPzxXxUgW4iiHa22tgnhyS/hHnteF0RhV53jXDAALYbiyvorqhOD
 sQUXdgo6OPA3UiDqLScDit+HHoTDdzCDBTBIYKtXRPOMpyWhNaQFDu/7hg/0NPSa
 s0fKFaZEW2KTmP2hvvUycM9fMmOWKzJtmRAft84dUW1O0AnGy+FWRcM8GG9naXms
 8F3sKkwGoNkd4MYBtr0EcmTF8TYJ/pvte3wk7b18e1vCi4aA0tI8WUpTZAfqDeGx
 bQdOzhA/TsAtm8gZ+ST15Cqw+RdVx6+d/sWG0J42ZA9bJn6ymf6/wPsc/PFfFSBb
 f/fbuAb+479WJQvgktz89ysbA4KfWLOH+zRgUX7aihaEPG+LI8bHjwjNVBedGp9F
 2cLi8URhFtwpo67FtOmFgVd1o/O91MbLFENmyKrclDTI++/oT4XfhgrtvrtbZZ4X
 My0IqYL862YyEFZp7AFHkh8U6xYDSl6GYqDOuu4EUz9v8XRi3kVGVY9i3mETzsNu
 5O4GTC36EmWDddPgL6NqtwiMqpthAlXe+pzBPs89UplRzjDCNePLJZKfUCVpN4C7
 PKFNZnJ4LG7E8RzDN9rBM5co0HjAaIbbHt/YQUrlyL9RjKNUlYP3MUqaQAMB+S/1
 Sx5ULuC4FOv96v/UYv0kU4TTKZ/pH6qnvP4WJ67xgcYLyUquxWt8vKb3WKZH1g/+
 ZCQ/iQFx0x1QjYnQR+um5Hhnj/hRR+y0W7MiDcyrUsWJ8egjygM8VbO28esetcAo
 +PfLqz+quMwNkAS51m+tLQB0b7inh8yuzrEgd6WsOoGHw8MPOvjVb27pAXj83Uvb
 kEUJmLUCwsHYqtANZ0zYWdZp4Ao9CYPQ3S9Y9o78lJktZugh0/UuiUJXqSpTQ7Bn

a-kuma3さんのコメント
>> ファーストしか知らんって言ってた気がする << が無かったら、一時間くらい考え込んでたかもしれません =) この手のは、ダンバインのやつを読んだことがあったっけな...

グラ娘。さんのコメント
織砂胡赤空……違うか?

グラ娘。さんのコメント
それはそうと、作家さん探している時におもしろそうな作品を見つけたのですが、SFっぽい 感じで虚数とかそんなタイトルでデビューした? 人。再び探してみようとしたらみつからない。

a-kuma3さんのコメント
五<span style="color:red">冊</span>って書いてあるじゃないですか =) 1人2回までなので、回答、回答!

a-kuma3さんのコメント
>> SFっぽい感じで虚数とかそんなタイトルでデビューした? 人。 << スタニスワフ・レム? それとも、 [asin:4198504717:detail] どっちも、デビュー作ではないか...

a-kuma3さんのコメント
回答へのコメントでも、ASIN 記法は有効、と。

グラ娘。さんのコメント
いや、それです。 ユカワ カオル さんでした。思い出せてよかったです。わざわざありがとうございます。 たけうちかおるから手繰ってた時でした。 >1人2回までなので、回答、回答! 読んでないし、なぞなぞがわからりません。その名探偵さんの名前は知ってたので すが、ひととなりが出てこないので、あとがきとかでみただけかもしれません。 メタミスで言及されてたか。

a-kuma3さんのコメント
>> 回答例の5文字目を立て読みすると『えんし』。これが隠されたヒントなのか? で、反省会するほどのポカをやっているというならば、「プロポーショナルフォント」にやられたのでしょうか。 10文字目くらいをたて読みしてみます。 『の状ま』?? 15文字目は?……『よ理の』?? ギブアップとかが、無理やりっぽくて怪しい。『、』で改行してみよう。 最後の文字を立て読みすると『ばねもはがす』 おっ、意味のある言葉になりました。 『ばねもはがす』程の名探偵が登場するミステリーが回答なのですね。・・・ギブアップ。 いや、ひらがなにしてとか「F」のカッコを半角にしてとか斜めに読んだり……ぎぼなっぷ。 馬も?も隠れてなさそうですし。春(しゅん)も桜(おう)も << 考え過ぎです =) 五文字目の縦読みで合ってます。 # 縦読みは、しばらく使えないな... 「ポカ」というのは、 http://q.hatena.ne.jp/1318996138 の質問で、読んでる本を、思いっきり「北村薫を読んで...」と、コメントに書いてました。 あわてて消しましたが、 http://qhs.fr-soft.com/ を使うと、しっかり引っ掛かります。

グラ娘。さんのコメント
[http://q.hatena.ne.jp/1311320735:title=こういうのも]ありますね。 誰かが、見つけ出したのかも。と今更気づきましたとさ。

a-kuma3さんのコメント
[http://h.hatena.ne.jp/a-kuma3/243584568447864253:title=こういうのも]あったんですよね。 こっちのほうは Hatena::Haiku::Search を使うと、文章まで読めちゃいます。 chinjuh さんには瞬殺されるかな、と思ってたら、 ハンターに瞬殺されてしまいました ><

3 ● gtore
●25ポイント

「空夜秋六朝」

日常の小さなことに対する観察眼がすばらしいと思います。

すんなり読めていまいます。落語好きならもっと楽しめたかも。

わかりますか? 自信ないです。;


a-kuma3さんのコメント
>> わかりますか? << 大丈夫です。伝わりました =)

a-kuma3さんのコメント
ばっちり正解です。 >> すんなり読めていまいます。落語好きならもっと楽しめたかも。 << ぼくは、逆に、北村薫の本は読むのに時間がかかるんですよね。 優しい文体でけど、(多分)かなりしつこく練った文章なので、斜め読みができなくって。 どうやって回答にたどりついたか興味があります。 よろしかったら、コメントしてください。

gtoreさんのコメント
あ、当たっちゃいましたか。^^ 自信はなかったんですけど…。 純文学はほとんど読まれないということと、森さんが例に出ていること、 > 森博嗣 > ○○ > 畠中恵 > 真保裕一 の式から、なんとなく日本のミステリかな、と。 で、5冊とも文庫化されているのは…、ということで、 いろいろ調べているうちに北村さんに行き当たりました。 楽しめました。ありがとうございます。 北村さん、有名ですものね。 「えんし」には気づきませんでした!;

4 ● meefla
●25ポイント ベストアンサー

id:a-kuma3 さんへ

 1fjmcv2+SR+c64zbmLoOKKsmECdlRThct2txPF3hsUNi5eWtbC/AyPERsLWbO2Zw
 VgGTv4F963Cl6Rj0c3mE4xas7HBEZtz/nOuM25i6Dii5RoMBY5yED/hOnT7zRFEV
 HHXelAC2DB39QZec2behfNqZE0ixl+t7K6krs+9lHXY9wTZmv+xY4lEOzlOeZjYs
 nOuM25i6DihiI9itBnbjASBo5WiUrqQERWrUQbooUCQ+VekyNbboMc5F6adF5jhv
 jlGALT262qq4Uy671u5S+x/D/wLM2qBoHj8jaGfrtO9/99u4Bv7jv7RhjmWmmxFx
 qb/RtkdwGQoRM/bnarOq8edRpyrnPcJA8Mtym4YDPLV0uBiRFGegbRJANj3PswgI
 egZa5ggSbJhVtgxpYPtjpwOM0pCRRlY2Rq+HG71+MnymP4CGMJTijfcemFzdbPUB
 LVBsdyqE4IV1nNXlLWngSCI9lu9Yz0THfHK81oGljJb9DDo1wUVlsPeR3hFXVYtC
 wgu8PMlKB70SocIaY7BeIo2zklqFNxNc1pHQvKln7u8Zo+d+aLaQwIWUv7vsW00Y
 vye7DxxR9ylMcqmDy6u1cRXzUx51fPFGFGjZJ9Rwfk9wpe7BPamLgxuWXvig7H6V
 GxkbHirBqYWwPJsWUQcUTiiC4wRgJuuBkFeWgzCA4BJJGuZkSdG0Etziaqrzimxj
 iTC7F3DhfX9xG/eaL+T7dc8+V0kkXotcuXha4w0sT4M7kqZYxJTihi7TJ2W/VtOt
 sdvBT23AKw7jOze4godCImhKFxCmoD6Fozg267MPDuKLlRUSr6JKCS07DF8EhFo+
 ls299MplNaRGC8+GsYkxrgRN3kFL0gdOmCjDWyODcKrwNlDt29x0ZWWCqS6EG+2T
 gTCKpmFMjMAfeJ/kaJItGjVfbb/U2vwvUurF4MWbE20oAeTEz6KvAEU5rsZbu14f
 zlBmMaxtaOWTKgyQRYj8z4hijJkmRMsb4BBmTB+OA+llMubRypAm6FIEroM1/0IZ
 6Cjdjf0QRoIJ1MSTX030falAMkeaaFYCBHEONMecgAK+sqITePsYqjg/KeeVTV9G
 EFGdP+le5VTeOomCDUNbL+poM9sK5M4r4rdU1fcVMAk/lRZqk9eY46Rs1c+W+GW6

某海外作家のパロディというかパスティーシュの作品は、読んでみたいと思いました。


a-kuma3さんのコメント
正解は、これでした。 [f:id:a-kuma3:20111022235311j:image:w300] >> meefla です。答えは gtore さんと同じく「空夜秋六朝」です。理由は、北村薫の『円紫さん』シリーズだからです。参加賞ください。 これだけヒントが出てから回答するのも何なのですが、日本の推理小説は苦手分野なんですよね。 ですので、北村薫に至ったのも、<a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A8%E7%90%86%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E4%B8%80%E8%A6%A7">推理作家一覧</a> を上から総当たりです。(自己嫌悪に陥りながら) 正解が柳原慧(やなぎはら けい)だったら心が折れていたでしょう。 「犬の名前」に続いて、添付画像がヒントだと考えました。 画像はおそらく菊池寛で、『六の宮の姫君』関連ではないかと思います。(ググッて探しました) << meefla さんの弱点が分かっただけでも、質問を立てた甲斐がありました♪ 「スキップ」、「ターン」、「リセット」の三部作もお勧めです。 キャラや世界が日常に近いので、ケン・グリムウッドの「リプレイ」とは、 また違った楽しさがあります。 で、ネタばらしです。 添付画像が「菊池寛」なのは、その通りです。 有名どころの写真を外して、画像に縁どりをつけました。 # 縁取りをつけるだけで、Google の類似画像検索は無効化できるのが分かったのは収穫♪ f:id:a-kuma3:20111101015040p:image 「犬の名前」に続いて、縦読みのキーワードを埋め込みました。 「えんし ミステリ」とか「えんし 推理小説」でググると、一発目にヒットします。 漢字と読みのあいまい検索の精度はさすがです >Google 「円紫」を知ってる人には、ノイズになったようですが。 ベストアンサーは、どれにしようか本当に迷ったので、乱数で決めてしまいました =) また、遊んでください >皆様♪
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ