人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

二宮尊徳の思想 一円融合について、二宮尊徳が書いた(弟子も含めて)文章を知りたいのですが、どの本にあるのでしょうか? 引用は多いのですが、原典がどこだかわかりません。日本の名著 二宮尊徳(報徳記、夜話などが収録)のどこかにあるような気がします。回答は、場所が特定できるようにページ数も含めてお願いします。


●質問者: isogaya
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Hyperion64
●100ポイント ベストアンサー

日本の名著26『二宮尊徳』旧版(中央公論)に準拠して回答します。

「二宮翁夜話」270頁

いったい、善悪はもと一円である


同321頁

なぜならば、君臣で一円であるからであり、親子で一円であるからだ....


尊徳翁が、一円融合の方法論を論じたのは「三才報徳金毛録」(379頁から)で、こちらが一円融合の原典であるらしいです。
原文には「一円」という言葉はありませんが、太極図に始まる原図はすべて円が基本になっています。

日本の名著 26 二宮尊徳

日本の名著 26 二宮尊徳


isogayaさんのコメント
一円融合という言葉を二宮尊徳は使っていない可能性ありですね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ