人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

推理小説において、よくキリスト教の人は自殺できない → この被害者は自殺ではない!
というのをやりますが、
これは被害者(信者)が、加害者に自分を殺すように仕向けた場合はどうなるのでしょうか?
それで殺された場合は他殺扱いでしょうか、自殺扱いでしょうか。

キリスト教の教義的にどうこう(という答えもあれば嬉しいですが)ではなく、推理ものとしてはどっち扱いになるのか知りたいです。
過去の作品ではそういう場合は自殺扱いでしたよ、とか。
他殺扱いにしている作品もあったけど、評判よくなかったよ、など。


●質問者: five678
●カテゴリ:ゲーム 書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● サディア・ラボン

家の、一番端の部屋をあらかじめ壊しておいてから、
被害者がその部屋の近くにいる時に脅かして、
被害者が、いつもやってるように、その部屋に逃げて
落ちて死んだ場合は、
他殺になると思います。


2 ● seble

キリスト教と一口に言ってもやはりピンからキリまであり、自殺を罪としているのが基本ではあっても、その強さは様々です。確か、カトリックだと自殺者は教会へ埋葬できないとかいうのもあったかと思います。でも、それは実際にはカトリック信者でも自殺者が居るからそういう決まりができる訳で。

それはさておき、
他人へ自身を殺させるというのは依願殺人の一種。
自殺幇助という動機はあっても、法的には他殺でしかありません。
もちろん、状況に応じて事故だったり過失致死だったり
(自殺者が傷害を死亡へ自ら誘導するとか)
単純に殺人だったりするので、十把一絡げに考えるのはつまらないです。
自殺者の心理(冷静に自殺できる人はほとんど居ないと思う)
手助けする人の心理(いくら自殺志望でも、自身からみれば殺人であり、まともな人間なら単純に殺すような事はできないと思います)
じっくり煮詰めないとリアリティが出てきません。


3 ● たけじん

推理小説ではないけれど。

? 敬虔なキリスト教徒だけど、どうしても死にたかった人の行動。

1 車を盗む
2 高速道路でめちゃくちゃな運転をする。
3 パトカーとカーチェイスをする
4 停止させられる
5 警官に囲まれる
6 銃を警官に向ける
7 射殺される

どう見ても他殺ですが、世に絶望した的な手紙があったらしい。

? 細川ガラシャは自殺?他殺?
・ 家臣の小笠原秀清に槍で襖越しにつかせてる。
→ 実行していないだけで、これは自殺でしょう。

キリスト教徒だから自殺するはずがないというのは、論理破綻だと思います。殺されるように仕向けた場合でも根底は自殺ということはありうることだ、ということが前提でなければ成り立ちません。


たけじんさんのコメント
射殺の人は、アメリカ人です。 日本人で敬虔なキリスト教徒って、今居るかどうか知らないし。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ