人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

将棋の7タイトルの間の格付けについて聞きたいです。羽生名人は4タイトル持っていますが、羽生名人と呼ぶみたいですね(羽生四冠とは言わないみたいです。)しかし、渡辺プロ棋士は、二つのタイトルを持っていますが、渡辺二冠と呼ぶようです。名人位だけが格が頭一つ上なのでしょうか。
・・・名人と竜王の二つが、他の5つより格上のようですが、
将棋界の事実上の慣例でしょうか。
或いは、将棋界の規定で明文で決まっているのでしょうか。


追加の質問ですが、7タイトル以外に、あらたにタイトルを作ることはなぜ無理なのでしょうか。それだけ、歴史のある7タイトルなのでしょうか。
NHK杯を含めて、8タイトルとは言わないですね(NHK杯ですら、8個目のタイトルとして、肩を並べないのですね。)
7タイトルを、正式なタイトルとする、ということで、将棋界の規定で明文で決まっているのでしょうか。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

質問者から

NHK杯は、7タイトルとは別格ですね。たとえば、王将と棋聖とNHK杯をとっても、3冠とは読んでいないですね。今後は、つけくわえるとしたら、どこかの大新聞社ができて、その後押しかな、と思います。

どうなんでしょうか、囲碁の7タイトルと合わせているだけでなんでしょうか。


1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

>将棋界の事実上の慣例でしょうか。或いは、将棋界の規定で明文で決まっているのでしょうか。
すいません分かりません。ただご存知の通り、動くお金が桁違いです。
将棋のタイトルの格の順って?|将棋 次の一手名人戦
棋戦 (将棋) - Wikipedia

>あらたにタイトルを作ることはなぜ無理なのでしょうか。
単に今の形が20年位続いているだけなのでは。8タイトル目は電王戦!?

>将棋界の規定で明文で決まっているのでしょうか

タイトル戦と一般棋戦とを分ける基準は公表されていない
棋戦 (将棋) - Wikipedia


匿名質問者さんのコメント
いろいろとご説明を有難うございました。 以前には、天王戦(1985年から1992年)というのがあったようですね。いかにもタイトルという名称ですね。これがのこっておれば、8タイトルと言えたのかなぁ、と感じました。「天王」とは、権威を感じさせる名前です。当時は、天王はタイトルと呼んだのかなと思いました。王座の開始が1983年のようですから、1985年からしばらくは、天王がタイトル扱いなら、8タイトルになります。 http://www.shogi.or.jp/kisen/shoumetsu/10.html#tennou 他方、NHK杯は、タイトル扱いにはならないですね。どうしてなのか、名称が、タイトルには似つかわしくないからなのか、疑問に思いました。天下のNHKなのに・・・
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ