萌理会議1(マンガ)

荒木飛呂彦が執筆25周年ということですが、能力バトルマンガを突き詰めると「JOJO」的なものが多い気がします。そこで、「スタンド」とは別の、能力バトルを考えてください。凄く面白い発想があれば、いわしとは別にポイントを贈ります。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 50 ptで終了
  • 登録:2006/11/14 01:12:02
  • 終了:2006/11/21 01:15:02

回答(26件)

すべて | 次のツリー>
「波」を具象化 CAMUS2006/11/16 21:48:05ポイント2pt

ある特定帯域の「波」を具象化して操る。

例えば、赤外線を具象化(例えば鞭)し、それで触れると火傷を追わせることができる。

X線だったら、人の骨に直接攻撃ができるかもしれない。

電波だったらコンピュータのクラッキングが簡単かもしれない。

操れるのが刺激の弱い可視光であれば、場合によっては攻撃できない役立たずの能力かもしれない。

その特定帯域の波が見つけられない場合には、具象化することもできない。

波を見つけるセンスが必要だったり、見つけても量が足りない場合は具象化できないというような要素があると楽しそう。

基本は一人1種類の波しか操れないが、天才な人だと複数操れるかもしれない。

具象化の方法も個性がでればいいんじゃないだろうか…。

…などと考えてみました。どうでしょう?

すごく面白そうなんですけど… しろうと2006/11/17 02:19:00

それは発想としては『JOJO』1部・2部の「波紋」に近いですね。3部のスタンド導入で能力が多様化したので、ある意味逆行する形になります。

すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません