libros

librosさんのマイページ

トランクに原稿と信念だけをつめこんで、羽が生えたように暗闇をどこまでも走っていく幻影を見た。(桜庭一樹)