小説が好きな方、嫌いな方。

私は基本的に小説というものを読みません。
理由は、①表現が回りくどい、②ある程度読んでつまらないと思った作品だと、それまでの時間が無駄に感じる③立ち読みして面白そうなのか全く判断がつかず、買う(借りる)機会がないからです。
 例外として、歴史小説・自叙伝・ノンフィクションといった事実に基づくもの(知的好奇心を充たしてくれる)、シドニーシェルダン(表現が簡単、すぐ読める、単純に面白い)は大好きです。
 小説が好きな方、嫌いな方はこんな私をどう思いますか?(好きな方は上記①~③の理由についてどう思われますか?)
 又、小説を読むことでパーソナリティーに与えるものって何だとおもわれますか?(例えば感情表現が豊になる等)
 最後に、「この一冊はお薦め」というのがあれば、是非、ご紹介願います。愚問ですいませんが。
 

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 500 ptで終了
  • 登録:2006/06/10 09:16:13
  • 終了:2006/06/17 09:20:03

回答(90件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
若きウェルテルの悩みは若いうちに読まないと意味ない syuuhenzin2006/06/12 05:30:46ポイント1pt

例えばゲーテの若きウェルテルの悩み。若いうちに読まないでどうするか!と思いますが、生徒(塾のバイトの)は100%読んだことないです。古いものは、良い物も多いので、学生には本を読んで欲しいなーと思ってます。特に小説。教科書の詰まらない物より図書室に行って欲しい。図書館も。あれ、全部税金なのわかってるのかな。あの大量の蔵書、働いてる人みんな税金。もったいないから活用して欲しい...。

小説は若い頃に読むもので、大人になるとまどろっこしくて読めなくなってしまいます。でも、こどものころは他人が考えてることをトレースする訓練、他人の気持ちになる訓練としていいものなのになー。それだけじゃなく、「他の人間は何考えてんだ!?」という興味、覗いてみたいなーとかの好奇心を満たせるものなんですが。なんというか、そこには感動とかがあるんじゃなくて、汚らしいものとかを覗いてみたいとかの欲求でさえあるんだがなー。いわば、小説は覗きみたいなものです。

ええと、質問者の方は大人みたいなので特に小説なんか読まなくていいかと。自分も高校時と比べると、全く読んでません。毎日1冊ペースが、2,3月に1冊に。

村上龍はまだ好きですが、新刊も買わなくなったです。筒井康隆「てろてろ」を推薦。エロ、テロ、グロ3部作のテロの回。かなりぶっ飛んだ内容が自分は気に入りました。おそらく、本屋では手に入らないので図書館を利用してみては。

寝ぼけてた。。。 syuuhenzin2006/06/12 05:48:33ポイント1pt

野坂昭如「てろてろ」です。すいませんでした。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません